忍者ブログ
初心者向けの登山・アウトドア等に役立つ情報を提供して行きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



梅雨まっただ中ですね(こちらは兵庫県の瀬戸内海地域です)。

私の住んでいる地域は、普段そんなに雨が多くないのですが、
やはり梅雨時は雨が多いです。

今年は特に、いつもの年より、雨が多い気がします。

さて、梅雨に関係した話題を1つ。

梅雨で必要になるものと言えば、『雨具』ですが、
あなたは何を思い浮かべますか?

折りたたみ傘でしょうか?
雨合羽でしょうか?

私は、登山をたまにするので、
カッパを思い浮かべるのですが、

今年は、レインコートの売上げが非常に好調だそうです。

梅雨だからと言う理由の他に、
国家安全保障機関が絡んだ重大な理由があるようです。

レインコートの売上げに絡む
国家安全保障機関のただならぬ関係とは・・・


拍手[0回]

PR
本日、平成26年12月1日(月)より、
岐阜県側の北アルプスに入山する際は、
登山届けが必須となります。

ちなみに、届け出しなかったり、虚偽の提出をすると、

5万円以下の過料

となります。

今は、インターネット上からでも登山届けが提出出来ますし、
手書きする用紙もインターネット上で配布されています。

インターネット上の登山届け

https://www.kitaalpsgifu.jp:444/climbing.html

手書き用用紙データ(冬・春山用)

http://www.pref.gifu.lg.jp/bosai-bohan/sangaku/jourei.data/tozan-todoke.pdf

罰則が設定されていることもありますが、
登山届けを出す際には、自分の計画を見直す機会になります。

無理な計画になっているようでしたら、
見直しをお勧めします。


上の情報は、北アルプスの岐阜県側のみでしたが、
公益社団法人日本山岳ガイド協会『オンライン届出ページ』ならば
その他地域の登山届けも提出出来ます。

登山届けの提出にはユーザー登録が必要ですが、
提出頻度の高い方は、こちらで提出するのも手間が省けて良いと思います。
     ↓
公益社団法人日本山岳ガイド協会のオンライン届出ページ

拍手[0回]

長野県と岐阜県にまたがる、御嶽山が噴火しました。

2007年3月以来の噴火です。

まだ、多くの方が山頂付近に取り残されているそうですが、
皆さんが一刻も早く帰宅できることを願っています。


今回、御嶽山は9月中に火山性地震があったものの、
最近は減少傾向に有り、突然の噴火は想定外だったとのこと。

マグマの上昇は確認されず、地震計の揺れもおよそ10分前からで、
予知は困難だそうです。

このような突然の噴火に見舞われた場合、
どうすれば家に帰る確率が高まるのか。

私も経験が無いのですが、
今持っている知識を総動員して考えてみました。


◎噴火の時に人を襲うもの
  1. 火山灰(微粒子が鼻や肺に入り込みます)
  2. 噴石(小石から人の頭くらいの大きさの石が飛んできます)
  3. 有毒ガス(硫化水素など)
  4. マグマ(溶けた岩石)
  5. 高温(水蒸気など)
でしょうか。



まずは、落ち着くことです。
パニックになっては、良い案も浮かんできません。
落ち着きましょう。


次に逃げることでしょう。
噴火口から距離がある場合は、できる限り距離を取ることです。

近くに山小屋や避難小屋がある場合は、その中に避難して、
高温や噴石の直撃を少なくします。


もし、火山灰に追いつかれてしまったら、
鼻・口・目をタオルなどで覆い、
微粒子や熱、有毒ガスが体内に入り込むのをできる限り防ぎます。
気管がヤケドして、呼吸困難になることがあるそうです。


携行品に折りたたみヘルメットを入れるべきか、
ただ、そこまで頻繁に起こるものでは無いため、
悩みどころです。



地球の長い歴史から見たら、20~30年に1回の噴火は
人間の1呼吸程度なのでしょうが、
小さな人間にとっては一大事です。

何とか事前に知ることが出来ると、良いのですが。





折りたたみヘルメット



ほっと安心帽 キャップタイプ 【折りたたみ式ヘルメット型帽子】 男女兼用 大人用 チャコール

拍手[0回]

-------------------------------

本日のテーマ【自分で空を見る!】

-------------------------------

温帯低気圧に変化した台風が、
日本列島に雨を降らせて行きました。

あなたの地域に大きな被害はなかったでしょうか?

前回、雨具の話題をしましたが、
山登りに向かう時、
「今日は、雨大丈夫ですかね~?」
と聞いてくる方が、結構います。

山の天気は変わりやすいと言いますが、
おおまかな天気の流れ(晴れそうとか、降りそうとか)は
頭に入れておくべきと考えています。

前日に翌日の天気イメージが出来ていれば、
持ち物のチェックや服装の対策が良くなります。
結果、自分の身を守ることにつながりますので、
天気の把握はぜひしましょう。

今は、新聞もテレビもラジオもインターネットも、
スマホもありますから。


さて、天気予報とは別に、
『観天望気』と言うものがあります。

天気に関係する、経験的な言い伝えのようなものです。

この中には、迷信と片付けられず、
ある程度の科学気象的な裏付けがあるものもあります。

観天望気の中から、3つ、ある程度当たるものを紹介します。


1.夕焼けは晴れ、朝焼けは雨

 日本の場合、偏西風の影響で天気はだいたい西から東に移ります。
 そのため、西の空が晴れていると、翌日は晴れやすくなります。

 一方、朝焼けの場合は、高気圧(=晴れ)と低気圧(=雨)が
 関係しています。

 高気圧の次には低気圧が来やすい傾向があるため、
 朝、東の空が晴れた時は、「次第に天候が崩れるかも」
 との予測になります。


2.朝の虹は雨、夕方の虹は晴れ

 上にも挙げた、偏西風とも関係ありますが、
 虹は太陽の反対側に出るものです。
 また、湿気の高い空気に光が当たった時に虹になります。

 そのため、
 朝の虹(西の空が湿っている←これから雨になりやすい)
 夕方の虹(東の空が湿っている←雨雲が過ぎ去った)
 と言う、予測が立てられるのです。


3.山が笠をかぶると雨

 傘ではなく、『笠』です。昔話の笠地蔵(かさこじぞう、とも)
 に出てくる笠です。
 この、笠形の雲が山の上にかかることです。

 『笠形の雲が山の上にかかる』と言うことは、
 湿気の多い上昇気流を持っている低気圧(雨が降りやすい)が
 近づいている状態です。

 実際、富士山に笠形の雲がかかると、
 24時間以内に70%以上の確立で雨が降り出すそうです。


天気に限らず、空に思いを馳せることは、
気持ちのリラックスにもなりますね。

どうぞ、楽しい山登り・アウトドアを!

-------------------------------

私が子どもの頃は、
今ほど天気予報の精度が高くなかったので、
靴を蹴り上げたり、てるてる坊主に願掛けしたりして、
翌日の天気が晴れになるよう、願っていました。

てるてる坊主への願掛けは結構効果が有った気がするのですが、
一緒に行く人の中に、
強力な晴れ男、晴れ女がいたのかも知れません。



最後までありがとうございました。
ご意見・ご感想は、お気軽にお寄せ下さい。


拍手[0回]

-------------------------------

本日のテーマ【雨具選び、傘よりも良いものを】

-------------------------------

台風が日本列島に近づいております。
あなたの住んでいるところは、雨足いかがでしょうか。

山登りの最中、ずっと良い天気なら頼ることは無い雨具ですが、
『山の天気は変わりやすい』ので、登りながら雨足が強くなる
こともあります。

あなたは雨具に何を持って行きますか?

平坦な道しか無いハイキングでしたら、雨傘でも構いませんが、
山登りでは、雨傘よりも雨合羽をお勧めします。

それは、
濡れて足場が悪くなる事があるので、出来るだけ手を空けていた方が
良いと考えているからです。

また、ストックを使用する場合、両手がふさがってしまいます。

さらに、天候が急変し、冷え込んだ際にも、
雨合羽があれば防寒具として使うことが出来ます。

今まで、雨傘しか持って行かなかったあなた、
雨合羽の携行を考えてはいかがでしょうか?

上下セットの雨合羽を着込めば、足下が濡れることを気にしなくて
良くなりますよ。


どうぞ、楽しい山登り・アウトドアを!

-------------------------------

私が仕事で使っていた雨合羽は、
丈夫だったのですが、湿気で蒸れまくっていました。

どうしてもヤブに入る仕事でしたので、
丈夫さを重視していたためです。

ただ、趣味レジャーに雨合羽を使用する場合は、
そんなに破れることはないと思いますので、
快適さを追求したいです。

おすすめなのは、GORE-TEX(ゴアテックス)製の
雨合羽です。
雨を通さず、蒸れた空気だけを通すという、
ハイテク素材製です。


ちなみに、例を挙げると、こんな感じの商品です。

ちと高価なのが難点ですが、それに見合う価値は
確実に手に入れる事が出来ます。



最後までありがとうございました。
ご意見・ご感想は、お気軽にお寄せ下さい。

ではまた、次回お会いいたしましょう!      (りょりょ)

拍手[0回]

プロフィール
HN:
りょりょ
性別:
男性
自己紹介:
ブログ内検索
おすすめP R






 次のページ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]